2007年03月21日

本屋さんで金儲けマンガがやけに売れてる現状を見て。〜花魁言葉に変換してみたでありんす。〜

時たま、大きくなるにつれて、世界がつまらなくなってありんすような、そんな錯覚に陥る事がありんす。

 小さいときは、遠足に行くのも楽しかった、といわすのはよくある書き方の文章だけれども、それはたぶん、わっちがどこか知りんせん場所を見る、といわすことが純粋に楽しかったからだと思う。

 世の中には知りんせん事がたくさんあって、それをしとつしとつ知っていくのがえらい面白かったぇ。そんな時代。今現在、わっちが、知りんせん知識を知ろうとする姿勢の中には、そんな子供衆の頃の「知りんせん世界を見たい」気持ちが原動力になってありんすのでありんしょうとわっちは思ってありんす。

 でも、年を取るにつれて、だんだんみなが予測可能になってきて(ここのとこは特にそういう時代かも。)で、わっちの10年後なんかを想像しろと言われたりなんかするから、25歳で大体結婚して、子供衆 2人は産んで…30になりんしたら家買って…そのためにはお金が必要で…お金を増やすにはまず財テク…では、目の前にある青木さんのわかりやすそうなマンガでも買おうか、みたいな。人生設計と金策を考えるだけで、1日1日が過ぎていってしまうような、そんな気がしんす。

 正直、おもしろうありんせんと思ってしまいんす。わっちの10年後?そんなのわかるわけありんせんではん。こなたの世の中で。入った会社がつぶれるかもしりんせんし、5年後に東海地震が来て、本朝経済崩壊なんていう事態が起こったら、正直結婚とか、マイホームどころではないでありんしょう。あ、今はまだあまり考えたくないけど、わっちが不慮の事故および、病気などで死ぬ可能性もあったんでありんした。つまるところが 、10年後なんて考えらりんせんし、正直、予測するにも限界があるし、知るか!といわすのが今のわっちの心境でありんすぇ。
 でありんすからといって、投げやりに、寅さんのような生き方をするわけにもいかないでありんすぇ。まことに手数時代でありんすぇ。 わっちみたいなヒネクレ者には。

 確かに、お金は大事でありんすぇ。 アイフルのしょーもないお涙ちょうだいCM(今春から都市圏に上京する、一人暮らしの大学生の皆さん、あんなCMに引っかかってはいけんせん)が言うまでもなく大事でありんすぇ。 でもな、たまに、お金のために生きてるのか、生きるためにお金が必要なのか、さらに言えば、なんのために生きるのか、って事ぐらいは考えられるような時間がないと、死ぬまでお金のことだけ考えて生きるような、そんな人生は嫌だなと、若いみそらで考えんした。まことに青いでありんすね。以上、終了。



mixi日記をこちらのサイトで花魁ことばに変換させていただきましたグッド(上向き矢印)Thanks!
ラベル:花魁 本屋
posted by 鉄1 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MYSELF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。