2007年03月24日

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』

 履歴書や、自己PRの文章は、変に定型を求められるせいか、中々うまく行かずに苦労してばかりだけれども、こういう、ブログで文章を書いているときはさながら美しい空気を吸っているときのような、一種の爽快さがある。
 

More…
posted by 鉄1 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書/Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

本屋さんで金儲けマンガがやけに売れてる現状を見て。〜花魁言葉に変換してみたでありんす。〜

時たま、大きくなるにつれて、世界がつまらなくなってありんすような、そんな錯覚に陥る事がありんす。

 小さいときは、遠足に行くのも楽しかった、といわすのはよくある書き方の文章だけれども、それはたぶん、わっちがどこか知りんせん場所を見る、といわすことが純粋に楽しかったからだと思う。

 世の中には知りんせん事がたくさんあって、それをしとつしとつ知っていくのがえらい面白かったぇ。そんな時代。今現在、わっちが、知りんせん知識を知ろうとする姿勢の中には、そんな子供衆の頃の「知りんせん世界を見たい」気持ちが原動力になってありんすのでありんしょうとわっちは思ってありんす。

 でも、年を取るにつれて、だんだんみなが予測可能になってきて(ここのとこは特にそういう時代かも。)で、わっちの10年後なんかを想像しろと言われたりなんかするから、25歳で大体結婚して、子供衆 2人は産んで…30になりんしたら家買って…そのためにはお金が必要で…お金を増やすにはまず財テク…では、目の前にある青木さんのわかりやすそうなマンガでも買おうか、みたいな。人生設計と金策を考えるだけで、1日1日が過ぎていってしまうような、そんな気がしんす。

 正直、おもしろうありんせんと思ってしまいんす。わっちの10年後?そんなのわかるわけありんせんではん。こなたの世の中で。入った会社がつぶれるかもしりんせんし、5年後に東海地震が来て、本朝経済崩壊なんていう事態が起こったら、正直結婚とか、マイホームどころではないでありんしょう。あ、今はまだあまり考えたくないけど、わっちが不慮の事故および、病気などで死ぬ可能性もあったんでありんした。つまるところが 、10年後なんて考えらりんせんし、正直、予測するにも限界があるし、知るか!といわすのが今のわっちの心境でありんすぇ。
 でありんすからといって、投げやりに、寅さんのような生き方をするわけにもいかないでありんすぇ。まことに手数時代でありんすぇ。 わっちみたいなヒネクレ者には。

 確かに、お金は大事でありんすぇ。 アイフルのしょーもないお涙ちょうだいCM(今春から都市圏に上京する、一人暮らしの大学生の皆さん、あんなCMに引っかかってはいけんせん)が言うまでもなく大事でありんすぇ。 でもな、たまに、お金のために生きてるのか、生きるためにお金が必要なのか、さらに言えば、なんのために生きるのか、って事ぐらいは考えられるような時間がないと、死ぬまでお金のことだけ考えて生きるような、そんな人生は嫌だなと、若いみそらで考えんした。まことに青いでありんすね。以上、終了。



mixi日記をこちらのサイトで花魁ことばに変換させていただきましたグッド(上向き矢印)Thanks!
タグ:花魁 本屋
posted by 鉄1 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MYSELF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ベーシック・インカムについて。


ベーシック・インカム べーしっくいんかむ

(「basic income」、「ベーシックインカム」と表記することも)

 
 BIEN(「ベーシック・インカムのための欧州ネットワーク」)による説明

ベーシック・インカムとは、一定額の所得を、すべての人々に個人ベースで無条件に――資力調査も就労条件も課さずに――交付しようという構想である。

これは最低限所得保障の一種であるが、これまでの所得保障とは三つの点で大きく異なる。

1. 世帯というよりむしろ個人に対して支払われる。

2. ほかにどのような所得があるかということとは無関係に支払われる。

3. これまで就いてきた仕事のパフォーマンスや、職業安定所などで提示される仕事への諾否とは無関係に支払われる。

http://www.etes.ucl.ac.be/BIEN/BI/Definition.htm



(以上、はてなキーワードより)

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A1%A6%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0

メモ書きのようなものですが、素人目線で少し思ったことを。

後、いくつかわかりやすいブログを。

http://d.hatena.ne.jp/gnarly/20061005#p1

http://kokogiko.net/m/archives/001867.html


 ベーシックインカム。そういう思想があるのは知っている。


 何をするにもお金が必要な社会体制になっている今となっては、私はかなり良いシステムだと思っている。
けれども、それを実用の段階にまで持ってくると考えると…まず、財源、そして法律やら政治やら、個々人のイデオロギー(働かん奴にお金をやるのはけしからん!とかね。誰も働かずダラダラする奴にお金やるだなんて言ってないっての…)やらがからんで、少なく見積もっても100年はかかりそうだ。
 
 つまり、今すぐに実現するようなシステムではないと思う。でも、人間がこの先も存続し続けていくことを考えるのなら、こういうシステムがなければ、延々と他人を蹴落としながら、資産と資源の奪い合いをし続けないとならなくなる…というような、素人目にもそういう怖い未来予想図が浮かび上がるような気がするので、今私が思うのは、こういう思想が出てきて、しかも、まだ少数ではあれ、市井の人でも知る事ができている、ということそのものに、私は、何かしらの希望を感じることができる。

posted by 鉄1 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会…Ourselves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

Ayumi Hamasaki“Secret”

ツタヤで、あゆのアルバム、“Secret”を借りた。
PIL_AVCD-23179.jpg

More…
posted by 鉄1 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 浜崎あゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

ヘルマン・ヘッセ 『荒野のおおかみ』

 『荒野のおおかみ』ヘルマン・ヘッセ,高橋健二訳,新潮文庫,昭和60年発行 第19刷 より。



 この手記は――実際の経験がどんなに多くあるいはどんなに少なくその根底にあるかどうかはどうでもよいことです。――大きな時代の病気を回避や美化によって克服する試みではなく、病気そのものを表現の対象とする試みによって克服する試みです。




 昨日遅くまで私が起きてしまった原因がこの本。
 実に、様々なことを考えさせられた。私にとっては、今年初の、一番面白くてスリリングな小説だったかも?読んでいて、自分の中にも居るおおかみが、この本の中のおおかみと呼応して、一緒に遠吠えしちゃっているような。そんな感じ。der_s_wolf.jpg




More…
posted by 鉄1 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書/Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

『ミライノシゴト』(やや実存的な独り言)

久々の更新です。

本日は、以前mixiに投稿した過去の日記を一部編集して、いくつかのエントリをまとめて投下しました。
(ほとんどいないと思うけど)更新を待ってくださっていた方、どうもありがとうございます。
不精な管理人ですが、なんとか暇を見つけて、ブログで言葉を書いていきたいと思います。

普段、mixiの日記とコミュの書き込みチェックと就職サイトで職探しをしていると、2時間3時間があっという間。休みの日は自分を取り戻すのが精一杯で、ブログを書くことまで神経が回らない。そうやって1日1日が過ぎていく。本当、大変です。

More…
posted by 鉄1 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Dialy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。